登山をすることで気づく優しさや感動

この頃、山登りをする人が増えている傾向にあり、テレビ番組などでもよく特集をされています。
きっと日常の閉鎖的な環境から抜け出して、大自然の風景に心を癒されたいからかもしれません。
私も友人との共通の趣味なので、よく登山をすることもあります。
この前も、登ってきて写真を撮ってきました。
きれいな空の色が印象的でした。
自然の風景は雄大で、頂上付近からの眺望を目の前にすると
登りきったというその充実感を心の底から味わうことが出来ます。
例え道中は大変でも、達成するとその疲労感は一掃されていきます。
これが不思議なところで、大変だけならばまた登りたいとは思わないかもしれませんが、
そういった自然からのご褒美があると嬉しくなり報われたような気がします。
ですから私や友人のように、大きな心で受け止めてくれる山に魅了される人は、
一度その開放感を味わうとまた登りたくなると思います。
だけどその眺望のほかにも、楽しみや面白みはまだまだあります。
雄大な景色以外にも、足下の花に心を奪われたり様々な気づきがたくさんそこにはあると思います。
同じように登山を楽しんでいる人々との交流など、
舞台が山だからこそ気づくことができる優しさや心の動きがそこには待っていると感じます。

けれどもちろん相手は山で自然ですから、山登りは街に出掛けることより体力も使いますし危険も伴います。
私も登山する前にはたっぷり睡眠を取るなど、体調は万全にしています。
だけど、山登りに関して安全のための大事なポイントをおさえていけば、
楽しさや感動に出会えて山の素晴らしさに気づくことが出来ると思います。